鎌倉葉山ねこ暮らし

わたし達は5匹の猫と、鎌倉葉山界隈で暮らしています。

*

メイちゃんの転院

      2015/08/18

6月8日 この写真を撮った数日後から、メイちゃんはごはんを食べなくなりました。
朝から餌に近づこうともしないため、タクシーを呼び病院に急ぎました。
末期3
お医者様とわたしたちでは、病状の捉え方の深刻度に開きがあるとは、薄々思っていました。
食べなくなってしまったこと、
また目が腫れてきてしまっていること、
毛ヅヤも衰えてしまっていること、
この状態を一目見てさえもらえれば、どれだけ深刻かわかって頂けると思ったのです。
しかし先生はメイちゃんを見るなり、「前回の薬は効いているようですか?」と聞かれたのです。

結局この日、「なんでも対応しますので、言ってください」と仰るので
点滴をして頂き、流動食の缶詰を買って帰りました。
とてつもなく大きな間違いをしでかしてしまって、
それが今とても悪いことになっている、ということだけが分かっていました。
末期1

以前住んでいたところでかかっていたお医者さまからご紹介を頂き、眼科に詳しいお医者様に連絡を入れました。
予約のなかなかとれないお医者様だったのですが、急患の旨お伝えして、翌日診て頂くことになりました。
下記のことを、1時間以内にすべて検査して頂きました。
・鼻に綿棒を挿入し粘膜を採取して検査
・猫エイズ、白血病の検査
・エコーによる眼底の検査

結果は、猫エイズ、白血病は陰性。
鼻腔の奥に突起状のものがあり、目を圧迫している。
そのため、眼球が前に出てしまい、涙腺を刺激して涙が止まらない、瞬膜が戻らないという症状になっている。
目を圧迫しているものが腫瘍か炎症かはわからないので、CTスキャンで詳細を調べるべきとの診断でした。
画像解析設備のある病院は限られているのでと、病院をご紹介頂き検査の予約を入れたのです。
転院を決めた翌日、たった一日でのことでした。

 - ねこ, メイ, 猫の病気 , ,

        

PC

PC

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

gubu20150223
残念な男

グブは子猫の頃から鼻が悪いので、目ヤニ鼻くそのたまりやすいタイプです。 こまめに …

青こうめ1
脂肪細胞腫再発

※今回のエントリーには、猫の手術痕写真が掲載されています。  苦手な方は閲覧ご注 …

ぐぶめい3
メイちゃんの旅立ち

メイちゃんが旅立ったのは、6月22日のことでした。 4歳1か月。 あんまり可愛い …

キャットウォールクライミング3
キャットウォールクライミングシステム

世の中には猫が好きすぎて、完全猫仕様の家を建ててしまうお方までおられます。 こち …

食後4
ハルちゃんのどんぶりめし

パントリーの餌場で、カリカリをたらふく食べたおハルどんをキャッチ この白い丼には …

猫まんま2
ごはんですよ

こうめちゃんがワホッとなっているのは ごはんの時間だからです どうしてもお腹がす …

グブ行くわ2
首輪の理由

本日の猫ブログはグブさんです。 猫タワーに座っていたので、カメラを向けてみました …

押入れ寄り
押入れの冒険

押入れです。 普段はいつも、なんとなくこのくらい開いています。 寄ってみましょう …

お布団ハル1
コットンハル

ベッドスプレッド洗濯中なので コットンのカバーが上にきています ハルはコットンの …

やかましい7
重鎮

猫は大人になると、まったりとあまり動かなくなります。 8歳になったこうめちゃんが …